メンヘラ女性は、頼れる男性にはとことん依存する傾向があります。

当然ながら、頼りにならない男性には全く見向きもしません。

もし自分の身近にメンヘラ女性がいて距離を置きたいと思っている場合は、頼りにならない人間を装うことが一番です。

ここからは、メンヘラ女性に嫌われる男性の特徴を解説しますね。

=>メンヘラ彼氏の面倒くさいところ

メンヘラ女性に嫌われる男性の特徴①「自分を追いかけてくる男」

恋愛に依存しがちなメンヘラ女性ですが、それは自分が追いかける場合に限ります。

程度にもよりますが、なかなか振り向いてくれない、大切にしてくれないと感じると、余計にそれを求めて男に依存するようになります。

逆に、自分を追いかけて来る男に対しては意外と興味を持たず、鬱陶しく思うこともあります。

メンヘラ女性に嫌われる男性の特徴②「他人任せな男」

メンヘラ女性は自己評価が低くて意志がハッキリしていない人が多く、支配されているような関係性を好む傾向にあるので、自分をグイグイと引っ張ってくれる、決断力のある男性を好みます。

頼りにならない男と思われるためには、決断を迫られても自分で選択せず、すべてをメンヘラ女性に決めてもらおうとする、意志の弱い男を演じてみましょう。

メンヘラ女性に嫌われる男性の特徴③「おしゃれに疎い男」

メンヘラ女性は、人一倍オシャレに敏感で、マッチョで強そうなルックスで、どこかミステリアスで、カッコいい雰囲気のある男性を好む人が多いです。

質素でオシャレに全く縁がないような男は、メンヘラ女性は興味を持たないでしょう。

メンヘラ女性に嫌われる男性の特徴④「自分を変えようとする男性」

メンヘラ女性は、パニックになったり不安になったりした時には、リストカットをほのめかしたり、実際に自傷行為をしてしまったりする場合が多々あり、些細なことで気分が急激に落ち込んでしまいますす。

そんな時は男が駆け付けてくれて、ただ構って心配してくれることを望んでいますので、落ち込んでいる時に勇気づけるなどの「気合があればなんとかなる」といった根性論のような発言を嫌います。

「人は変われる」「もっと頑張れば大丈夫だよ」といった熱い発言を繰り返していると、「この男は私をわかってくれない」と思って、距離を置かれるきっかけになるでしょう。

メンヘラ女性は自己肯定感が異常に低く、他人に全てを任せる傾向にありますので、そんなメンヘラ女性と離れたい場合は、嫌われるタイプの男を演出することも重要です。

一度好意を持たれるとなかなか離れてくれませんが、本当に嫌な場合は、相手から距離を置くような対応をしてみるのもいいかもしれませんね。

=>いつもメンヘラ女子に好かれる!?メンヘラに好かれる男性の特徴

テーマ: