すぐに相手に依存してしまうメンヘラ女子に対して、魔性の女は性格面において自立しており、美人と言えるほどでもないにも関わらず、同時に多数の男性からアプローチされる非常に希少価値が高い女性です。

魔性の女とはまさに、恋愛ゲームの頂点に君臨している女性のことです。魔性の女は、通の女性と異なり、二人でデートしたからといって恋愛感情が高まって行くということがありません。一人で楽しんでいるのと、男性とデートしている状態があまり変わらないのです。

男性に対して全く恋愛感情がないにも関わらず、男性側が熱くなって「この人に運命を感じて付き合って結婚したい」と思い込みを持たせてしまいます。特に、普段はあまりモテない系の男性が熱くなることが多いでしょう。

男性を虜にしてしまう魅力がある女性なので、意図せずして天然ぶりを発揮して、男性を夢中にさせて行きます。魔性の女の最大の武器は、満面の笑み、ボディタッチ、じっと見つめるということ。魔性の女にはまり込んだ男性は自分が気付かない内に疲弊して、生活だけでなく、人生のすべてを捧げることになってしまいます。

そして、男性が疲弊し切ったところで魔性の女は去って行くのです。魔性の女はその希少価値が高いだけに、多くの男性が夢中になります。虜になって、魔性の女の存在が頭から離れなくなってしまうのです。魔性の女には自分のすべてを彼女に捧げても良いと思えるほどに男性を夢中にさせる力があり、モテる女性の最上位に位置していると言っても過言ではありません。

また独特の感性から、他に代わりがいない唯一無二の女と思わせる魅力を持っています。しかも男女問わずに誰とでも仲良くすることができるので、年齢・性別を問わずに非常に人気があります。だからこそ男性の目を惹くことが多く、数多くの男性から言い寄られる機会があるのです。そのために複数の男性を同時にキープしておくことが可能です。

魔性の女の交友関係というのは、基本的に広く浅い状況で、多くの場所に顔を出しながらも、興味がない人とはデートなどをすることはありません。自分が興味のある男性とは、自分の時間が空いた時には二人きりで気軽にデートに応じることもあるでしょう。

以上のように、魔性の女はメンヘラ女子とは正反対で、自分の感情を完璧にコントロールでき、男を虜にする能力や上手に駆け引きができるなどの能力に長けていて、その圧倒的な魅力から、周囲に人絶大な女性と言えます。

=>メンヘラ彼女と復縁したい男性の心理