キャバクラ嬢にはメンヘラが多くいます。そんなメンヘラのキャバ嬢たちは「病み営業」というものをよくします。

=>キャバ嬢はメンヘラになりやすい?

基本的に明るく元気で気遣いができるキャバ嬢が稼げると言われて来ましたが、病み営業とは、「つらい…もう無理…」といった、まさにメンヘラな弱々しい態度でお客さんの気を引いて、お店に来るように仕向けること。

昔はホストがよく使っていた営業方法ですが、最近はキャバ嬢が多用しているようです。お客さんの好みは千差万別で、明るくて元気な女の子よりも、少しミステリアスな雰囲気の女の子が好きという人も当然います。

病み営業を使って稼いでいるキャバ嬢と、単なるメンヘラなキャバ嬢は似て非なるものです。キャバクラに飲みに来るお客さんの中で、病み営業にハマる人の割合は決して高くありません。大半のお客さんは、病んだことを口にする面倒なキャバ嬢は空気が読めないと感じて嫌がるので、ごく限られた、病み営業にハマりそうだとわかったお客さんに限定して使っているようです。

病み営業も、それを提供することでお客さんに特別感を感じてもらう必要があります。そうでないと、お客さんはいずれお店に来なくなってしまいますよね。

最初は通常通りの接客から始めて、お客さんが切れそうにないと思ったタイミングで、病み営業に切り替えるキャバ嬢が多いです。

病み営業が好きだというお客さんにも以下の特徴があります。

  • ヒーロー願望がある
  • 体目的
  • ちょっと変わった人が好き
  • 八方美人
  • 優柔不断
  • 本人も病んでいる

普通のキャバ嬢は、「お客さんとたくさん連絡をしなくても勝手にお店に来てくれないかな」「お店に
来る前の同伴でもOKなお客さんが増えないかな」などを心の奥底で思っています。

売れっ子キャバ嬢は、そんな風に思われないようにしっかりフォローしますが、やる気がないキャバ嬢の場合は、ふとした瞬間にお客さんにその感情が透けて見えてしまっていることがあります。一方、病み営業が上手なキャバ嬢は、非常にマメにお客さんに連絡し、距離感を近付けることでハマってもらおうとします。

甘えて来たかと思えばいきなり怒り出すなど、お客さんは常にキャバ嬢に振り回されることになるので、わがままでドラマチックな彼女と交際している気持ちになれます。上記の特徴を持つ男性に「今までこんなキャバ嬢に会ったことない」と思わせることに成功すれば、その他大勢のキャバ嬢よりも、魅力的だと思ってもらえるでしょう。

=>メンヘラキャバ嬢の病み営業の秘訣について

テーマ: