何度も申し上げているように、人間は急に性格を変えられませんし、メンヘラもすぐ治せるかというとそうではありません。

依存しているから楽という環境から依存先を切り離すというのは、とても難しいことだと思います。

今日で終わりにしたいと思って今日でおしまいにできるのであれば、メンヘラにはなっていないでしょうし、心も寂しくないはずです。

行動を変えるにしても、急に0にしてしまうのではなく、10段階であれば、8、7あたりから始めることが大切。

焦ると逆効果の場合が多いので、焦る必要はありません。

依存してしまっている相手や物を、急に完全に遠ざけることなんてできませんし、仮にできたとしても、次に会ったりしてしまった時に今まで以上の安心感を持ってしまい、いつまで経ってもその依存からは抜け出せません。

また依存してしまうのが一番よくないので、ゆっくり時間をかけて対象から距離を置くようにしましょう。

そしてもし、今の環境が劣悪であると感じているのであれば、「逃げる」という選択肢を考えてください。

逃げる、と聞くと何もかも諦めてしまったようで、いい意味には聞こえないかもしれませんが、今の環境を変えるのにそれが一番適しているのであれば、時には諦めたり、逃げたりすることも必要です。

確実に「もうダメだ…」となる前に、その場、その環境から逃げることも、選択肢の一つとして用意しておきましょう。

自分の人生は自分のもの。一度きりの人生、後悔しない道を進んでくださいね。

解説してきた通り、メンヘラを治すというのは簡単なことではありませんし、大変な道のりであることがわかりました。

ですが、絶対に「治らない」わけではないのもお分かりいただけたかと思います。

時間もかかるでしょうし、神経がすり減って、辛い思いをすることもあるでしょう。

たとえ長期的になっても、それを自分の個性と認め、上手に付き合って行くことがとても大切です。

未来は必ず開けます。

過去の人生は選べなかったかもしれませんが、これからの未来なら自分で切り開けるのです。

どう行動して何を選んで生きて行くのか、すべては自分次第。

もしも「こうなりたい」という目標があるのならやることは一つです。

誰かに執着して依存しすぎるのではなく、まずは自らの意思で行動してみましょう。

そしてどうしていいのかわからなくなった時のために、相談できる相手や物を探しておくことです。

それが安心材料にもなりますし、いざという時に助けになるかもしれませんよ。

=>メンヘラ気質は改善できる!?メンヘラを改善する4つの方法を紹介!