メンヘラの人への対応方法をお伝えしてきましたが、メンヘラの友達や同僚にはどう接するのがいいのでしょうか?

まずはメンヘラの友達への対応方法からお話しします。

=>メンヘラ同士の付き合いは危険?メンヘラカップルの特徴と注意点

一緒にいて楽しいことを伝える

一緒にいて楽しいと感じたら、素直に伝えてください。

言葉にすることで、メンヘラの友達の感情が安定します。

メンヘラ友達は「本当はつまらないんじゃないか」「実は嫌われているんじゃないか」とすごく気にしているので、楽しいと思ったら「楽しい」とはっきりと言ってあげましょう。

友達を理解して認める

メンヘラ友達は不安が大きく、日常的に常に不安を抱えています。

私たちが当たり前にできているコミュニケーションも、彼らにとっては大変なことなのです。

ネガティブ思考にもなりがちですから、メンヘラ友達を広い心で受け入れる態度で接しましょう。

遊びは屋内より外で、スポーツなどを提案する

友達の場合でも、外で遊ぶことが有効です。屋内も悪くはありませんが、できれば外で体を動かすようにしてください。

体を動かすことは気分が上がるきっかけになり、自信がつく、憂うつな気分が改善されるといった効果もありますので、一緒に筋トレをするのもいいでしょう。

お互いに損することはありませんから、ぜひ誘ってみてください。

運動に興味がある人なら気軽に誘えるでしょう。続いて、メンヘラの同僚への、職場での対応方法をお伝えしますね。

仕事だからと割り切る

職場では、メンヘラに関わることも含めて仕事だと思ってください。

無駄なこととは思わず、それも業務だと思えば、少しはイライラも収まるでしょう。

距離を保ちつつ、余裕があれば時には話を聞いてあげるのもいいかもしれませんね。

必要以上に関わらない

多少は気遣ってもいいのですが、必要以上に関わるのはやめましょう。

お節介をすると恨まれたり、逆に依存されたりするリスクがあります。

付きまとわれる原因となるので、あくまで仕事上のお付き合いと割り切って、関わるのも最低限にしておいてください。

あまりにストレスを与えてくるようなら周りに相談する

メンヘラの同僚と仕事をしていてどうしても無理な時は、上司や他の同僚など、頼れる人に相談してください。

上司の場合、「このままだと自分が精神的におかしくなってしまう、退職も考えている」と言えば、対応してくれるでしょう。

メンヘラの人に対しては、理解し、認めてあげることでメンヘラ本人の自己肯定感が高まり、取り乱すことが減って行くのですが、本気で限界の時は一人で抱え込まず、周りに助けを求めてくださいね。

=>メンヘラ男性の特徴と対策