メンヘラとはメンタルヘルスの略です。

元々は精神疾患や心の病気を患っている人のことを指す言葉ですが、情緒が不安定で、ネガティブな傾向を持った人にまで幅広く使用されています。

そんなメンヘラですが、ネガティブな面だけではなく、魅力的な面もあるようです。

不思議な魅力がある

メンヘラ女性は、良くも悪くも個性的です。

そのため、幼少の頃はいじめの対象になったり、不登校であったりする人も多く、どこか不安定で儚げなところが、異性にとって魅力的なようです。

一般の女性は他人と異なっていると集団から排除されることを知っていますから、みんな似たような茶髪にし、面白くもない会話をしながら、横並びに互いをけん制し合います。

そういう女性がうんざりという男性から見れば、自分の個性を貫いている彼女たちは、魅力的に映ることが多いようです。

=>メンヘラ女子がモテる理由

自分に依存してくれる

メンヘラ女性の一番の魅力は、なんと言っても「依存してくれること」です。

普段一般の女性などから冷たくあしらわれ、自分の存在意義を見いだせない男性にとって、自分を必要とし、甘えて来てくれるメンヘラ女性は、この上なく魅力的に映ります。

一般の人からすれば重いと思われがちですが、四六時中自分のことを考え、猫のようにすり寄って来るメンヘラ女性こそ、彼らの理想とする女性なのです。

このような女性を好む男性たちが最終的に求めているものは「共依存」と呼ばれるもので、お互いにお互いがいないと生きて行けないような、究極の恋愛関係を求めていることが多いようです。

貞操の観念がゆるい

すぐに身体を許してしまうのもメンヘラ女性の特徴と言われています。

メンヘラ女性は自尊心が低いこともあり、愛されていることを実感するために自分から進んでセックスをしたがるタイプと、セックス自体はそれほど好きではないが、相手から求められると簡単に体を許してしまう無気力タイプの2つに分かれます。

いずれにせよ、体目的の男性から見れば大変都合のいい在であるため、メンヘラ女性の人気は絶大なものになるわけです。

そのように簡単に貞操観念が低い女性を彼女にするとなると話はまた別で、実際に付き合うと、浮気やその他のトラブルが絶えないことも多いようです。

付き合ってみると、「依存されることはわかっていたけど想像以上に重すぎた」「何度も浮気をされ、結局メンヘラの愛情は自分自身にしか向いてないことが分かった」「彼女の性欲が強すぎて体がもたない」「自傷行為するタイプ無理だった」「言葉を少し間違えただけですぐネガティブになってしまうので滅茶苦茶気を遣う」などなど、付き合いきれない、受け止められない部分も多々あるようです。

=>メンヘラ女子ってこんな人【その①】