メンヘラは自分のことで精いっぱいになってしまう傾向にあり、周りに人への気遣いができないという特徴があります。そのため、自己中心的だったり、気に入らないと暴言を吐いたり、ネガティブ思考な言動など、一般の人が理解し難いようなことをしてしまうのです。

そんな厄介なメンヘラがもし上司だと仕事が大変なことになります。そこで今回は、メンヘラ上司の特徴をお伝えしていきます。

=>メンヘラの友達、同僚への対応方法

こんな人には気をつけろ!メンヘラ上司の特徴4選

メンヘラ上司にはさまざまな特徴があります。事前に理解しておけば、適度な距離感で仕事ができる可能性もあるので、参考にしてください。

メンヘラ上司の特徴①敵か味方かの二通りでしか判断しない

メンヘラ上司は、部下の評価を自分の好き嫌いで決めます。基本的に自分に自信がないメンヘラ上司は、部下を敵か味方で判断している為、自分にゴマをする人だけに良い評価を与えます。

自分と同じ意見を持つ部下は自分の思い通りに動いてくれるので扱いやすく、逆に異なった意見を持つ部下に対しては、意思疎通が取れないため仕事が出来ない奴とされてしまうのです。

メンヘラ上司の特徴②連絡がやたらしつこい

メンヘラ上司は神経質で細かいので、自分が気になったら些細なことでもすぐ連絡をしてきます。業務中はもちろん、業務時間外もお構いなしです。こちらの都合は全く考えていないので、返事がないとし
つこさが増し、返事が来るまで何度でも連絡をして来ます。

業務においてマメな報告、連絡、相談はとても大切なことですが、メンヘラ上司の場合は不必要な連絡や、ゴールのない内容が多いのが特徴です。

メンヘラ上司の特徴③部下を攻撃して自分の地位を確立させる

部下のミスをちくちくつついたり、馬鹿にしたり、わざと教えなかったりして相手を追い込み、部下が辞めると喜ぶような問題上司もいますよね。こういった上司は非常にたちが悪く、会社が許容するであろうギリギリのラインを把握しているため、会社側も解雇出来ず、放置していることが多いです。

メンヘラ上司の特徴④周りに対しての文句や不満が多い

メンヘラ上司はとにかく批判的な言葉をよく発し、愚痴は言い出したら止まりません。基本的に何か悪
いことがあれば人のせいにし、いいことがあれば自分のおかげだと威張ります。自分が一番偉くて仕事
もできると思っているので、自分以外の人間のことは褒めませんし、感謝もしません。

メンヘラ上司は、自分と違う意見を言われたり、否定されたりすることをとても嫌います。とりあえず
肯定的な意見にして、真っ向から反対意見を述べるのは絶対に避けましょう。自分のメンツを潰された
という思いが、怒りの感情となって爆発してしまう危険性があります。そんなメンヘラ上司には寛容な
心で、転がされているように見せておいて、自分が転がせるようになりましょう。

まとめ

ここでお伝えしてきたように、メンヘラ上司はとても厄介です。正面から向き合って上手く付き合えるような人ではないのです。上司がメンヘラだと分かったら、できる限り距離をとることをおすすめします。そして、気分を害して自分に敵意が向かないように注意してください。

=>メンヘラ女性が職場にいたら・・・考えられる最悪のケースとは!?

テーマ: